電話占いが当たるか信じません

  • 投稿日:
  • by

私は電話占いというものは信じられません。というよりも電話占いを信じているという人がなぜこの世の中にいるのかがまったく分かりません。占いを信じているという人はいったいなぜ、何を根拠にして占いを信じているんでしょうか。はっきり言ってまったく意味がわかりません。なにを考えているのかを一回聞いてみたいとさえ思います。

しかし、今までの行動や、好き嫌い、生い立ちなどの占われる側の人間について詳しく調べて、統計的に今後どういったことが起こりやすいかや、どのように対処して行けば良いのかをアドバイスするというものがあれば、それをはたして占いと呼んでいいのかはわかりませんが、信じるというか、自分も聞いてみたいとは思います。

しかし生年月日や星座などから今後どういった事が起こるか予測する物や、カードなどを使って占っている物はまったく信じる事はできません。というかこういった電話占いをなぜ信じる人がいるのか、なぜ生年月日でこれからの事が分かると言うのか、わけが分からないという事を通り越して心配になってしまいます。きっとこういった人は悪徳商法や洗脳にひっかかりやすいのではないでしょうか。

以前私の友人も占いをやってくれる場所が近くにあるというので行きたいと言ってそのまま行ってしまいました。私はそんな物は金の無駄だと止めたのですが、友人は聞く耳を持ってくれませんでした。結果的に友人は満足した様子で帰ってきたのですが、どんな内容だったか聞いてみるとやはり生年月日や名前などから今後の未来にどういったことが起こるかを予想してもらったというのです。私はその友人の手前、その電話占いを否定する事はしませんでしたが、内心ではなんでこんな物にお金を払っているのだろうと思ってしまいました。しかも払ったお金は結構な額だったと思います。

よくテレビで今日の占いという物がありますがあれを見て、いい結果だったからなんとなくうれしいというのはまだ理解できるのですが、本当に占いという物になにか効果を求めてお金を払い、占い師などの所に通う人間というのは本当に理解できません。電話占いの結果という物もだれにでも当てはまるような事を気づかれないようにそれとなく言ったりしてごまかしている物も多いです。

というわけで私は占いというものを信じませんし、信じている人がいるというのも理解ができません、それから占いというものもあまり好きではありません。私と同じような人は多いのではないでしょうか。

人生を変えた占い

電話占いは進路や結婚、お金と仕事等色々な局面で占いをしてもらいました。初めは結婚する相手との愛称を見てもらいました。
占い師の方にとてもいい愛称だと言われて、結婚の話を勧めました。自分の仕事についても占ってもらいましたが、金運はあまり期待できないと言われました。
お金には縁が無いという占いは当たってしまいました。電話占いが当たるんだと思いました。電話占い当たる
電話占いを当たると信じるようになったきっかけは母の影響でした。母の話だとまだ結婚する前の若い時に、道端で年配の人に突然声をかけられたそうです。


その時年配の人に母が手を見せて欲しいと言われたので手相を見せたそうです。その時、「貴女は2度結婚する。30歳で産んだ子供に面倒を見て貰う事に成る」と言われたそうです。
私の父は私が幼い時に亡くなり、母は父の弟と再婚しました。その時母は30歳でその時に生まれた妹が今母の世話をしています。私は母が見てもらった占いが実際に当たったのではと感じています。
占い師に予言された通りになった事で私は占いを信じる様になりました。


私が30代の時に原宿の占い館で人生への悩みがあったので相談することにしました。その時は霊視する人で私の決断で悲しんでいる人が見えると言われました。
悲しむ人とは夫だと思いました。その頃の夫は身体が悪く、入退院の繰り返しで生活は苦しい状態で離婚を考えていました。占いを聞き夫も苦しんでいるのだと感じ思い留まる事になりました。
その後40代になり家族と横浜の中華街に行き、町を歩いていると沢山の占い師が居て将来の事が気になり一軒の占い師さんに手相占いをしてもらいました。
その時の電話占いで60歳の時に大金を手にするという結果を言われました。不謹慎ですが母の事を思い出しました。
現在幼い頃に父から引き継いだ財産についてお金が動く事になり、母の事では有りませんでしたが、今はあの時に言われた事が現実になったのではと感じています。今も携帯電話の手相占いをしています。
今まで色々と悩む度に良い結果で導いて貰った事や勇気を貰った事が有りました。私は今も電話占いの事を当たると信じています。
今現在では個人で会社を立ち上げる事になり、ある仕事を始めて間もないのですが、その会社についての事や残りの人生について占ってもらうつもりでいます。
どのような結果が出るかわかりませんが、充実した日々が送れるようになるのか、会社が波に乗れるようにどうするべきか社長として社員が沢山雇えるようになるか聞いてみたいです。

実際に鑑定してもらうと信じてしまう

  • 投稿日:
  • by

普段の雑誌やテレビなんかでやっている占いはあまり信じません。当たったと思うこともありませんし、ランキングで上位だったら「ちょっと気分が良くなってテンションが上がる」程度です。

ただ、手相占いやタロット占いなどの、実際に占い師さんが目の前で鑑定してくれる占いに関しては信じることが多いです。
占いは結構ないいお値段がするので、そんなにしょっちゅう鑑定してもらうことはありません。人生で数回程度の経験ですが、以前本当につらいことがあったとき、藁にもすがる思いでタロット占いの鑑定をしてもらったことがあります。
ショッピングセンターの一角にある、そんなにたいしたことなさそうな占い師さんでしたが、こちらの精神状態が異常だったということもあり、すべて信じてしまいました。

自分の内面をズバリと言い当てられたような気がして、それをきっかけに今までの出来事の登場人物の心理やこれから起こるであろうこと、すべてを信じてしまいました。この時に何かを売りつけられていたら、買おうかなという気になっていたと思います。そのくらい信じていました。

実際には他人の心理はわからないし、これから起こるであろうことも私の心持ち次第なんじゃないかな?という内容だったので、後になって冷静に考えると当たり障りのない事ばかり言ってたなとも思ってしまいます。
それでも、その時はもちろん信じ切っていましたし、今でもその占い師さんの言葉を忘れられず、私の心のよりどころになっているのは確かです。

あとは手相占いです。恐らくこれが一番信じている占いです。自分の身体の一部にでているのですから、なんらかの影響があってもおかしくはない、というのが私の根拠です。
有名なマスカケ線なんかは、天下を取ると言われていますが、有名人でも一花咲かせたり頂点を極めている人の掌の写真があると見つけられます。

このように、自分の琴線に触れるものがあると信じています。今まで出会った占い師さんは特に変なところはなかったので信じ込んでしまっても問題なかったのだと思いますが、あの状態でテレビでやるようなマインドコントロールなどをされてしまうと、しっかりかかってしまいそうです。
ですから、冷静な状態の時に占い師の言っていた言葉を思い出し、臨床心理学と照らし合わせて当たり障りのない事や、どうとでも受け取れるような言い方をしていなかったかを思い出し、次回鑑定してもらう時は信じ切りすぎないように、どこかで冷戦な自分を保っていられるようになろうと思っています。

私は占い師を信じている

  • 投稿日:
  • by

私は占いが好きです。
毎日見ている占いや、定期的に見ている占いもあります。
占いを信じているのか?と言われると半々くらいでしか信じていません。
でも普通の人よりかは信じている方だとは思います。

占いは当たることもあるし、外れることもあります。
若い時は当たるかどうかは凄く重要だと思っていました。
もちろん今見ている占いも当たりやすいと言いますか、信頼できる占い師かどうかは見ています。
占い師もたくさんいるので、好みもあると思います。

私の場合は物腰が柔らかい、きつい言葉を使わないような占い師が好きです。
中には、そんなの占い師じゃない!と思う人もいると思います。
それでもちゃんと星を見たりして、割と当たっているのでやはり普通の人にはわからないようなことをたくさん勉強してきた人達なんだなとも思います。

私の好きな占い師さんは、優しくて、いつも出来るだけ前向きな言葉として変えてくれます。
人生経験がある人が辛い時にどう乗り越えたらいいのかを教えてくれているような感じに近いです。
前向きな気持ちにさせてくれるので毎日見るのも楽しい気持ちで見えるので好きです。

そして、言葉の選び方も上手なので、人としても尊敬していると言う部分もあります。
最初はある程度当たる人なのかは見ますが、段々とそんな前向きな言葉たちやその占い師の人柄に惹き込まれていくんだと思います。
だから占いをどの程度信じているのかと言うよりは、その占い師を人として信じていると言った感じです。

ある種の人生相談の相手なんだと思います。
やはり占いは辛い時によく見るので、そうゆうバロメーターも自分でよくわかります。
本当に怖いくらい当たることもあるので、占いは馬鹿に出来ないと思います。

星の動き1つでも人の運勢がわかるのも不思議なものだなとも感じます。
そして占い師と言う職業は人に与えたい、少しでも気持ちを楽に過ごしてほしいと思っている人もいると思います。
本当に占いが好きだって思った時に占いだけでずっと信用しているわけではないと思います。

なので私は占いと言うよりは占い師の方を信じています。
特殊な職業だと思うし、それでも人生の辛い時には頼れる存在でもあるので、あまり占いを良く思っていない人も色々と試してほしいなと思います。
今は辛い時でももう少しで道は開けるよって言われると気分は少し楽になります。
そうゆう言葉の力を信じている占い師もいるので、試してみて欲しいです。

占いを信じますか?

  • 投稿日:
  • by

自分は信じてると言うより、占いを趣味でする側です。
と言っても、タロットカードのような、直感や霊感が必要な物ではなく、自分がやっているのは統計学的な物です。
というと難しそうに聞こえますが、フリーソフトがあったり、無料で占えるサイトが幾らでもあります。

よく、テレビの占いは当たらないと言われますが、ほとんどが西洋占星術の太陽星座に対し、月星座の位置で占っています。
テレビの占いが当たらない人は、月星座と太陽星座の角度が特殊であるか、2つの星座に生まれた(たとえば20日前後)
かなど、何らかの原因があるはずです。土星以遠の天王星、冥王星、海王星が逆行してる時期に生まれてるとか。

たとえば、7月23日~8月22日は太陽星座が、しし座(火+)であるが、
同じく月がしし座(火+)にいる8月2~4日を占ってみると、次の順位になる。
牡羊座2位(火+活動)、牡牛座12位(土ー不動)、双子座3位(風+柔軟) かに座7位(水ー活動) 
しし座5位(火+不動) 乙女座8位(土ー柔軟) 天秤座4位(風+活動) 蠍座11位(水ー不動)
いて座1位(火+柔軟) 山羊座9位(土ー活動) 水瓶座6位(風+不動) うお座10位(水ー柔軟)

占いによっては3~5位が入れ替わる場合もあるが、角度的に説明しやすい占いを採用した。
見慣れた星座以外に、4区分(火・土・風・水)、3区分(活動・不動・柔軟)、2区分(+-)も書いた。
つまり、火+と風+が上位の時は、土ー水ーは下位になるが、

8月5~6日に月が乙女座(土ー)になると順位は入れ替わる。
牡羊座10位、牡牛座2位、双子座12位、かに座3位
しし座7位、 乙女座5位、天秤座8位、 蠍座 4位
いて座11位、やぎ座1位、水瓶座9位、 うお座2位

よくみると、順位が1つずつずれているのだ。牡牛座の場合、2~4日は12位なのに、5~6日は2位になっている。
だから、順位が低い日は休息日にし、明後日の運気がいい日に備えればいい。

そして、テレビの占いは太陽星座なので、身体の好調・不調を知るバロメーターにすればいいだけで、
悪い結果は信じない人は、少しだけ注意した方がいいです。良い結果の方も、暴走しかねませんので、
調子に乗らない方がいいです。(感情面を知りたいなら生まれた時の月星座を調べる必要がある)
というか、バイオリズムとか0学占いを調べた方が、身体の好調・不調がより簡単に、はっきりわかります。

27宿(28宿)、四柱推命や宣命学、五星三心占いなんてのもあります。自分にあってる物を探すのも楽しいです。
そして、占いは30%当たればいいそうです。当たるも八卦、当たらぬも八卦。ゲッターズ飯田さんは幾つもの
占いのいいとこを組み合わせて、精度を上げてるそうです。

なので、たとえ最下位の12位でも、その2~3日前か、2~3日後に1位になっているのです。
なので、よく3日坊主ということが言われますが、3日目に飽きたり、集中力がなくなるので、それを耐えて、
1週間我慢して続ければ、定着します。だから、まず1週間続けるべきです。調子の悪い時は少しでも。
だから、1週間の半分はよく、半分は悪く、月1で最高の時と最悪の時があるわけです。
これは1年の中にもあるし、12年(干支一巡)の中にもあります。

12年は木星が太陽の周りを公転する時期で、5年で還暦になるのは東洋占星術ですが、
そちらは西洋では土星が2周する期間。サターンリターンといいます。なので、29~31歳で犯罪を起こす人は、
それらが影響しています。土星は生まれた年と同じ0度になっているだけで、どちらかというと、木星が
12x2+6=30で、生まれた年と180度になっているのが影響しています。
とはいえ、物事が困難になるハードアスペクトなだけで、結局、本人が負けただけ。

先週26日、神奈川県相模原市の障害者施設で45人が襲われ19人が亡くなる痛ましい事件があったが、犯人は1月20日うまれであり、
7-1=6か月、180度の時期の犯行であった。生まれ月の180度だからニュートラルの時期、少しエネルギーが低い。本来は
さほどは悪くないが、26歳なので、12x2+2=26。
60度は偶数で、良い年だが、来年は27歳で、90度の大凶の時期。もうはじまっていたのかもしれない。

特に、水属性の季節、うお座、かに座、蠍座の時期、3、7、11月は雨が多い。6月の梅雨・双子座の時期も
気温が低下し、体温も低下、思考が狭くなり、事故・事件が起きやすい。なんて統計も出せる。

占いなので完全に当たるとは限らないけど、病気がちな人や体力に自信ない人は、健康管理の一環として
占いを利用するのもありだろう。最近はアプリもあるし。