実際に鑑定してもらうと信じてしまう

  • 投稿日:
  • by

普段の雑誌やテレビなんかでやっている占いはあまり信じません。当たったと思うこともありませんし、ランキングで上位だったら「ちょっと気分が良くなってテンションが上がる」程度です。

ただ、手相占いやタロット占いなどの、実際に占い師さんが目の前で鑑定してくれる占いに関しては信じることが多いです。
占いは結構ないいお値段がするので、そんなにしょっちゅう鑑定してもらうことはありません。人生で数回程度の経験ですが、以前本当につらいことがあったとき、藁にもすがる思いでタロット占いの鑑定をしてもらったことがあります。
ショッピングセンターの一角にある、そんなにたいしたことなさそうな占い師さんでしたが、こちらの精神状態が異常だったということもあり、すべて信じてしまいました。

自分の内面をズバリと言い当てられたような気がして、それをきっかけに今までの出来事の登場人物の心理やこれから起こるであろうこと、すべてを信じてしまいました。この時に何かを売りつけられていたら、買おうかなという気になっていたと思います。そのくらい信じていました。

実際には他人の心理はわからないし、これから起こるであろうことも私の心持ち次第なんじゃないかな?という内容だったので、後になって冷静に考えると当たり障りのない事ばかり言ってたなとも思ってしまいます。
それでも、その時はもちろん信じ切っていましたし、今でもその占い師さんの言葉を忘れられず、私の心のよりどころになっているのは確かです。

あとは手相占いです。恐らくこれが一番信じている占いです。自分の身体の一部にでているのですから、なんらかの影響があってもおかしくはない、というのが私の根拠です。
有名なマスカケ線なんかは、天下を取ると言われていますが、有名人でも一花咲かせたり頂点を極めている人の掌の写真があると見つけられます。

このように、自分の琴線に触れるものがあると信じています。今まで出会った占い師さんは特に変なところはなかったので信じ込んでしまっても問題なかったのだと思いますが、あの状態でテレビでやるようなマインドコントロールなどをされてしまうと、しっかりかかってしまいそうです。
ですから、冷静な状態の時に占い師の言っていた言葉を思い出し、臨床心理学と照らし合わせて当たり障りのない事や、どうとでも受け取れるような言い方をしていなかったかを思い出し、次回鑑定してもらう時は信じ切りすぎないように、どこかで冷戦な自分を保っていられるようになろうと思っています。